reliure close-up | 革

◇ ルリユールの革

「ルリユールの表紙には伝統的に、最高級の品質の革が使われてきました。主に山羊革、仔牛革、パーチメント(ヴェラム)を用います。「レ・フラグマン・ドゥ・エム」では日本国内はもとより、フランス : relma、ベルギー : norroで厳選して購入した革を用いて制作しています。その他、水牛、成牛、魚、ワニ、蛇など、デザインに応じて多様な革を使います。

reliure-cu_kawa01rp

シボの大きな山羊革

reliure-cu_kawa02rp

シボの揃った山羊革(シャグラン)

山羊革は、シボのあるしなやかな革で、仕上げにより小さなシボから大きめのシボまでのヴァリエーションがあります。仕上げのシボの形状の違いにより、シャグランやモロッコ革と呼ばれますが、すべて山羊革です。細長いシボ仕上げのものはオアジスと呼ばれます。

reliure-cu_kawa03rp

艶があり平滑な仔牛革(カーフ)

reliure-cu_kawa04rp

仔牛と山羊のヴェラム

仔牛は、シボがない、滑らかな革です。マットな柔らかな質感を持ったタイプと、光沢と張りのあるタイプがありますが、非常にデリケートなので、扱いは細心の注意を必要とします。

 
reliure-cu_kawa05r

長シボの山羊革(オアジス)

reliure-cu_kawa06r

水牛革

reliure-cu_kawa07r

スウェード

reliure-cu_kawa08r

爬虫類・蛙などの革

  • reliure close-up |