reliure close-up | ルリユール小史

◇ ルリユール小史

16 世紀に、イタリアのルネサンス文化がフランスにもたらされた時、ルリユールも、愛書家として有名なジャン・グロリエ (Jean Grolier)を通して導入されました。
国王自身が熱烈なコレクターであった国でルリユールは花開き、ファンファール様式というルネサンス様式を生み、専属の製本家、あるいは、著作家・大コレクターでありブックデザイナーでもあったド・トゥ(Jacques Auguste de Thou)、書体デザイナー、クロード・ギャラモン(Claude Garamond)など書籍文化に関わる優れた才能が数多く生まれました。

reliure-cu_histoire01r

ジャン・グロリエの蔵書(1538年頃) 
Roger Devauchelle LA RELIURE édition Filigranes

reliure-cu_histoire02r

ファンファール様式
アンリ2世とディアーヌの紋(HD)が入っている
Bibliothèque R.Esmérian Art&Métier deu Livre 2001 No223

以来、ルリユールはバロック、ロココ、古典主義といった時代の様式を共有しつつ、著名な製本家を数多く輩出してきました。その流れは20世紀になり、マリウス・ミシェル(Marius-Michel)、ポール・ボネ(Paul Bonet)という2人の傑出した製本家・デザイナーに引き継がれ、現代では、ジャン・ド・ゴネ(Jean de Gonet)、モニク・マチュー(Monique Mathieu)をはじめとする製本家が活躍しています。