dorure close-up | 天金

◇ 天金

本文に埃が入るのを防ぐ役割を担い、装飾的にも美しく見せる、天のみ、または天・地・前小口の三方に金箔を接着し磨きあげることを「天金」といいます。使用する材料や作業工程は昔から現在まで、変わることなく受け継がれています。本の紙質や天候などにより、毎回施し具合が違ってくるデリケートな天金は、とても骨の折れる作業です。しかし、それぞれの本に個性があり、まるで生きているかのように感じさせてくれるものでもあります。紙の上で輝く金箔は、革の上の金箔装飾とはまた違った魅力があります。

dorure-cu_ten01r

材料(左側) 上からふのり、蜜蝋、赤とのこ
道具(右側) 上から箔台、メノウ棒

dorure-cu_ten02r

やすりがけ
 

dorure-cu_ten03r

ふのり・赤とのこをぬる

dorure-cu_ten04r

メノウ棒各種

◇ 天金作業

天金の材料はテンペラ画のものと似ています。下地として、水で薄めたふのり・赤とのこ、接着剤として、卵白液を使います。メノウ棒は金箔を磨きあげるために使用します。最初の工程であるやすりがけは滑らかな土台づくりとして、とても大切な作業です。
すべてのページが均等に揃っている天小口につけるものは重厚な印象を与え、不揃いなページをそのままにのせる金箔は、動きのある本の息づかいを残しておくことを可能にしてくれます。

 
dorure-cu_ten05r

箔をおき磨く

dorure-cu_ten06r

できあがり

  • dorure close-up |